「ワンス・アポン・ア・タイム」シリーズのあらすじと概要(前篇)

更新日:2016/06/04

大人のためのファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』あらすじ概要見どころをご紹介しています。

日本で2013年に放送開始され、2016年にシーズン4『アナと雪の女王』シリーズが放送(NHK-BSプレミアム)されました。

ワンス・アポン・ア・タイム 4 アナ雪 DVD

ところで、『ワンス・アポン・ア・タイム (シーズン5)』が、2017年秋に放送されるのではと話題になっています。

というのも本家アメリカでは、シーズン5とシーズン6がすでに放送を終えているため。

オリジナルタイトル『Once upon a time』(むかしあるところで)を持つこのドラマの魅力を追ってみました。

『ワンス・アポン・ア・タイム』の魅力とは

『ワンス・アポン・ア・タイム』は2011年にアメリカのウォルト・ディズニー傘下のABCテレビで放送開始されたファンタジードラマです。

2017年現在、シーズン6が放送を終了(2017年5月14日)した長編ドラマシリーズ。

ドラマには、ディズニーやグリム童話などのエピソードがプロットされ、お馴染みの様々なおとぎ話のキャラクターが多数登場します。

『ワンス・アポン・ア・タイム』の魅力を簡単に言うと、大人向けにアレンジされたファンタジードラマで、SFXなど特殊映像効果を利用した幻想的な映像と、元々のおとぎ話にはない独創的なストーリー展開、そしてラブロマンスでしょうか。

実際、色々な童話のエピソードがクロスオーバーされ、予想外のストーリーとなっているのがとても新鮮な印象です。

ごちゃ混ぜのエピソードで焦点を失いがちな難しさを持っていますが、一貫したストーリーにまとめた脚本の見事さが光ります。

それもそのはず。

製作脚本は、人気ドラマ『LOST』やSF『トロン・レガシー』を手掛けたアダム・ホロウィッツとエドワード・キッツィスというエンターテインメントの奇才たちなのです。

『ワンス・アポン・ア・タイム』の概要

アメリカの東海岸にあるメイン州の小さな町、ストーリーブルックで起こる不思議な物語です。

以下はネタバレですのでご注意ください。

ストーリブルック

ストーリーブルックは魔法によって外界と隔離された町、そして町の住人達は悪い女王の魔法によっておとぎの国から連れてこられた人々でした。

しかし彼らは魔法によって過去の記憶を完全に忘れています。

ドラマに登場するおとぎの国のキャラクターたちは、白雪姫、悪い女王、小人たち、ピノキオ、グリム童話のヘンゼルとグレーテル、ルンペルシュテルツキン、赤ずきん、オズの魔法使い、ピーターパン、ティンカーベル、ロビン・フッド、フック船長、人魚姫、アナと雪の女王、マレフィセントなど多種多様。

よくぞこれだけの登場人物を発想したものだと感心させられます。

後編へ続く

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ