ChromecastとAmazon Fire TVの比較~決め手は使い方と価格

更新日:2016/06/27

hintx400-1.jpg

ChromecastAmazon Fire TVは、パソコンやスマートフォンで閲覧することができる動画や画像を、家庭用テレビで見ることができるようにするためのものです。

価格比較

価格はChromecastが第二世代で約5000円、旧型で4000円から5000円。

対してAmazon Fire TVはハイパフォーマンスゲーム対応の据置型が12980円、Fire TV stickが4980円となっています。(2016/6/27現在)

表示方法の違い

この二つの大きな違いは、動画や画像の表示方法にあります。

Chromecastはミラーリング方式

Chromecastは、パソコンやスマートフォンで表示されるものを無線により受信機へ送信し、受信機からHDMIケーブルにてテレビへ表示しています。

要するに、PCの動画や画像をテレビの大画面に移動させ映し出すようなものです。(この手法をミラーリングと呼びます)

Amazon Fire TVはテレビ内蔵アプリ型

一方、Amazon Fire TVは他の端末を必要とすることなく、単体で動画や画像をテレビ画面へ出力しています。

言い換えると、テレビにアプリを内蔵させるような仕組みとなります。

Amazon Fire TV Stickの使い方

セットアップ方法の違い

このためセットアップに関しては、ChromecastはChromecast自体とパソコン等の端末両方について行う必要があります。

一方、Amazon Fire TVはそれ自体のセットアップだけで済むというメリットがあります。

いずれの場合も特に難しい部分も無く、容易にセットアップすることができます。

対応アプリの選び方の違い

Chromecastの場合

Chromecastの対応動画は、スマートフォンを使用する場合はChromecastに対応しているかどうかが鍵となりますが、YoutubeやNetflix、GooglePlayムービーやHuluなど人気の高い動画アプリのほか、全300種類以上が対応しています。

このほかChromecastをインストールすることで、パソコンやスマートフォンで表示している画面をそのままcastすることが可能になります。

Amazon Fire TVの場合

Amazon Fire TVの場合は、Amazonアプリストアにある中から選択し、Fire TV自身にインストールを行います。

対応しているアプリはYoutubeやHulu、Netflixなど定番のほか多くのゲームも対応していますが、一部メジャーな動画アプリに未対応なのがデメリットと言えます。

Amazon Fire TVが本領発揮する時

Amazon Fire TVの一番のメリットは、Amazonが提供している多くのコンテンツに対応していることにあります。

特にプライム会員になれば、ビデオストア内の多くの動画を無制限に無料で見ることができるほか、プライムミュージックの一部音楽も無料となります。

Amazonプライム

このほかクラウドドライブも無料で提供されるため、撮った写真を保存しておくことで、いつでも閲覧することができるようになります。

Chromecastを選ぶかAmazon Fire TVを選ぶか?

ChromecastAmazon Fire TVは得意としている分野が違うため、目的に応じて使い分けることがポイントと言えます。

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ