dTV会員数500万人突破、国内定額制動画配信サイトとしては初!

更新日:2016/03/29

こんなニュースが報じられていました。

dTVの会員数が500万人を突破したという事です。
dTVの会員数は2015年末時点で約480万人だと報告されていましたので、2016年3月までの3ヶ月で20万人の新規会員獲得に成功した事になります。(2016年3月27日現在)

「dTV、国内の定額制映像配信サービスとして初の会員数500万人を突破」 via ガジェット通信


500万人超えの原因はドコモ以外の会員獲得が功を奏したという事ですが、やはり月額会費が500円(税抜)からという魅力的な価格設定である事。

また12万を超えるコンテンツを保有している事。

そしてテレビ、パソコン、スマホはもちろん「Amazon Fire TV」「Fire TV Stick」などの動画再生端末を使って、いつでも、どこでも好きな動画を手軽に楽しめるようになった事も大きいでしょう。

dTV躍進の秘密は

順調に動画視聴会員を伸ばしているdTV。

その成功の理由をまとめると

  • 月額会費が500円(税抜)からと割安
  • 12万を超える膨大なコンテンツ
  • Avex運営のメリットを生かした音楽コンテンツの充実
  • Amazon Fire TV、Fire TV Stickへの対応

が会員拡大の目玉かなという印象です。

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

操作性の改善

以上に加えて、パソコン、テレビ、携帯端末からの操作性の改善も忘れてはならないでしょう。


操作性改善の一つ目は「ザッピングUI」

ザッピングと言うのはチャンネルを次から次へと素早く変えること。

そこで、dTVでは動画のジャンルをチャンネルとみなし、見たい動画コンテンツを素早く見つけることができるインターフェイスを採用しています。

これがdTVのザッピングUI

ライバルのHuluなどは既に同様の機能を採用していますが、やはり12万を超えるコンテンツとなると見たいコンテンツを簡単に見つけるにはザッピング機能は不可欠でしょう。

チャンネル選択は、洋画、邦画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流、キッズ、教養・バラエティ、BeeTV、音楽、ショートショート、新作レンタルから行います。

スマホでは、アプリを立ち上げると、まずお薦めの映画やドラマの予告編が再生されますが、クリップしておくことができるので後で見る事も可能。

さらに、指で左右にスクロールすると、洋画→邦画→アニメと次々にチャンネルが切り替わり、上下にスクロールするとチャンネル内で気に入った動画を選択することができます。

また視聴履歴を記憶することによって「あなたにオススメ」チャンネルを表示するリコメンド機能を装備、お好みの映画やドラマのコンテンツが即時に表示されて選択がグンと楽になっています。

操作性改善の2つ目はdTVターミナルの採用

dTVターミナルはテレビに接続して使うデバイスでSTD(セットトップボックス)と呼ばれるもので、dTVの動画コンテンツの選択をリモコンで簡単に行う事が出来ます。

NTTドコモ dTVターミナル

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

関連記事

定額制動画配信サービスには、Hulu、U-NEXT、Netflix、プレミアムGYAO!など多くが参入していますが、dTVもチェックリストから外せなくなってきました。

参考にした記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ