ジョジョの奇妙な冒険が huluの動画 で 放送中

更新日:2017/08/08

jojo-hulu.jpg

ジョジョの奇妙な冒険が hulu で 放送されています。

このドラマ元々日本のコミックが 原作なのですが少年ジャンプに初めて登場したのが 1986年 、今から30年以上も前のことなんですネ。

以来、2004年まで Part 1から part 8まで なんと18年も続いたロングラン作品です。

ジョジョの奇妙な冒険は、シリーズ累計発行部数が、なんと!1億部を超えるという荒木飛呂彦の大ヒットコミックが原作なんです。

ジョジョの奇妙な冒険とは

パート1ではメキシコの古代文明遺跡から発見された謎の石仮面、その正体は悪霊なのか宇宙人?との戦いから始まり、未知の存在との戦いが取材となるストーリーが展開されますが、シリーズを重ねるにつれ、スタンドという超能力をベースとした人間同士の戦いに代わっていく、主人公の荒唐無稽な冒険が展開されていく物語です。

男の子にとっては、冒険心をくすぐられるファンタジー作品なんですネ。

どこか、私の大好きなHUNTER×HUNTERやONE PIECEに共通する部分をもった(個人的には)? 作品と言う印象があります。

ジョジョの奇妙な冒険は、動画配信サイトHuluでPart4まで一気配信中です。

8シリーズ、1億部を超えるロングラン作品

ジョジョの奇妙な冒険のシリーズは、先ほどもご説明したように全部で8つ。

Part 1 ファントムブラッド

Part 2 戦闘潮流

Part 3 スターダストクルセイダース

Part 4 ダイヤモンドは砕けない

Part 5 黄金の風

Part 6 ストーンオーシャン

Part 7 スティール・ボール・ラン

Part 8 ジョジョリオン

というシリーズ構成なのですがイギリス、アメリカ、日本、イタリアなど世界を舞台にした エピソードが次々と展開されていきます。

ジョジョの奇妙な冒険は、主人公の名前にはジョジョ、例えばPart1の ジョナサン・ジョースター、Part3の空条承太郎など何がしら、ジョジョにちなんだ名前がついています。

実写版映画も登場

2017年8月にはPart4「ダイヤモンドは砕けない」の実写版の映画も公開され(8月4日)、 ジョセフ・ジョースターの隠し子の東方仗助の活躍が描かれます。

主人公 東方仗助には山崎賢人、共演には神木隆之介、小松菜奈、山田孝之、伊勢谷友介らが登場し豪華キャスト陣で映画に臨みます。

Part1、Part2では金髪のジョジョが登場するので、リージェントの、しかも黒髪の、ジョジョこと東方仗助が実写版で登場するのがなんとも奇妙な感じです。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公式サイト

見どころ、感想

個人的にはPart1の ファントムブラッドが一番好きで、純粋で正義感の強い ジョナサン・ジョースターと下層階級で義兄弟となったディオ・ブランドーの抗争劇が印象に残ります。

身分の違いでいつも相争う二人ですが、どこか共感する部分をお互いに感じている二人の青春を通じた葛藤をテーマにして、メキシコで発掘された石仮面の魔力を使い ディオが恐るべき能力を発揮することを阻止する戦いに引き込まれたものです。

インディジョーンズの映画をちょっと思い出してしまいました。

シリーズが進むにつれ、物語がだんだんディープで複雑になっていくのですが、18年も続くと仕方ないのかもしれませんネ。

だんだんついていくのが難しくなっていきます(笑)

ジョジョの奇妙な冒険のもう一つの魅力は迫力あるアニメ描写に加えて擬音が多用されること。

私は、作品の画力が一番好きですが、まるでアメコミの世界を彷彿とさせる各シーンがとても良いです。

このあたり、アメコミファンの人にとっては たまらないんじゃないでしょうか。

Huluで配信中の動画

Huluで配信されているジョジョの奇妙な冒険の動画は、

Part 1 ファントムブラッド

Part 2 戦闘潮流

Part 3 スターダストクルセイダース

Part 4 ダイヤモンドは砕けない

の4シリーズ。

私も視聴中ですが、睡眠不足の毎日が続いています(笑)

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ