ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 あらすじ 第4話

更新日:2017/08/09

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 第4話では、エクスカリバーを完全な形にする為に、過去と現在で様々な駆け引きや争いが繰り広げられることに。
過去ではアーサー、グィネヴィア、ランスロット達それぞれの思いと確執、現代では、ルンペルをヒーローに仕立てたいエマの企みが描かれます。

エクスカリバーの秘密

過去(キャメロット)の話。
少年時代のアーサーグィネヴィア「いつか自分がエクスカリバーを抜き、王になる時が来る」と魔術師マーリンから言われたことを話します。

そして、貧しいキャメロットを立派な王国にすることをグィネヴィアに宣言するのでした。

アーサーはいじめられていた過去もあり、キャメロットを良い国にしたいと思う気持ちは人一倍でした。

現代からおよそ5年前。
宣言通りにエクスカリバーを抜いたアーサーは王として認められ、グィネヴィアも女王となったのです。

しかし、エクスカリバーは抜いた時に半分しかなく、その事実をグィネヴィアだけに伝えていました。

アーサー王は闇の王の剣(もう半分の剣)を探すことに執着し、グィネヴィアはそれに失望していました。

ランスロットはそんなグィネヴィアを慰めます。

闇の王の剣を求めて

グィネヴィアはランスロットと闇の王の剣を探すことにしました。

ランスロットに危機が訪れるもなんとかそれを回避し、ついに短剣を見つけることに成功します。

その時あまりの盛り上がりに二人はキスをしてしまうのでした。

しかし、そこにはルンペルの姿がありました。

ルンペルは短剣を渡すことはできないが、代わりになんでも修復できる魔法の砂を渡そうと提案します。
グィネヴィアはこれでエクスカリバーを治そうと考えていました。

魔法の砂

けれども、アーサー王はグィネヴィアからそれを受け取ると、なんとグィネヴィアに魔法の砂を振りかけてしまうのでした。

ランスロットと親密にしている所を見たアーサー王は、それに嫉妬してしまったのでした。

6週間前、ランスロットに「アーサー王はヴィランである」と警告されたスノウは、デイビッドにそれを伝えます。

しかし、アーサー王と仲の良くなったデイビッドはそれを信じようとしません。

スノウにはこのことをアーサーに伝えないよう言われていましたが、結局アーサー王にすべて話したデイビッド。

短剣を持ってきていると言って箱を開けるも、中身は空っぽでした。

捕らえられたランスロット

一方、かつてグィネヴィアとランスロットが短剣を見つけた場所。

スノウとランスロットは短剣を隠しにやってきてました。

しかし、そこにアーサー王が登場し、短剣を奪い取ってしまいます。

ダークワンを召喚しようとするアーサー王でしたが、それは偽物でした。

なんと、スノウとデイビッドは短剣を守るために、ここまで芝居をしていたということになります。

アーサー王を追い詰めることになるかと思いきや、ここでグィネヴィアが兵士を引き連れて現れます。

グィネヴィアはランスロットを捕らえ、デイビッドとスノウも魔法の砂で操ってしまいます。

メイキング・オブ・ヒーロー

現在(ストーリーブルック)の話。
ルンペルをヒーローにすることでエクスカリバーを引き抜こうとするエマ。

その秘策はメリダを使ってルンペルを勇敢にすることでした。

第4話の感想

今回は過去の話がメインのようで、アーサー王の生い立ちを知ることができました。

目まぐるしい展開の変化でついていくのがやっとでしたが、結局グィネヴィアはアーサー王の味方となったのですね。

魔法の砂の力はやはり絶大だったようです。

過去の展開も少しずつ見えてきましたが、今後、現代ではどのような展開の変化を見せるのでしょうか。

関連記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ