ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 あらすじ 第6話

更新日:2017/08/10

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 第6話ではエマがルンぺルをヒーローにするために、メリダを送り込みベルを襲わせます。
しかしルンペルは謝り続けるだけで戦おうとしません。
それでも何とかメリダを気絶させ、ある決意をしたのでした。そしてついに!
一方、闇の王を任す事の出来る人物が・・・?!

メリダと弟たちの再会

過去(キャメロット)の話。
マーリンを解放した一行は、牢屋にいるランスロットを見つけ、彼を救出します。

するとそこにはメリダの姿。

メリダも救出されて一件落着かと思いきや、なんとメリダはベルを気絶させ、自分の国(ダンブロッホ王国)へ連れ去ってしまいます。

しかし、それは弟たちを探すためでした。

そして、メリダの力を使って弟たちが近々処刑されることを知ります。

矢が放たれた瞬間にそれを防ぐメリダ。

メリダはついに弟たちと感動の再会を果たすことができました。

子どもの頃の忠告

グラニーの店でマーリンはエマと話していました。

それは子どもの頃、映画館で忠告したことでした。

マーリンは再度、エクスカリバーを抜くべきではないことをエマに伝えます。

エマついにエクスカリバーを手に入れる!!

現在(ストーリーブルック)の話。
メリダによって縛られたルンペルは何とかして脱出することに成功。
図書館にいたベルと再会することができました

しかし、彼の弱々しい姿を見て戸惑うベル。

それでも必死でルンペルを励まします。

ベルを守るため、店にある魔法を手に入れようとするルンペルでしたが、エマはそれもお見通しです。

メリダをそこへ送り込むと、ベルを襲わせます。

ルンペルにベルを守らせることで彼をヒーローに仕立て上げるという狙いがありました。

しかし、戦うことなく必至に謝り続けるルンペル。

何とかメリダを気絶させ、町を出ようと提案しますが、ベルはみんなを置いていけいないと拒否します。

ベルもついに愛想が尽きたのだと思いましたが、最終的にはベルを救うためにわが身を差し出すルンペル。

2人は抱き合って喜ぶのでした。

ルンペルはエマのもとへ行き、メリダの心臓を返すように提案しました。

その代わりにルンペルはエクスカリバーを抜く決意をしたのです。

無事にエクスカリバーを抜くことができたルンペル。

エマはとうとうエクスカリバーを手にしてしまいました。

闇の王を任す事の出来る人物

一方でデイビッドたちは魔法のキノコを使ってマーリンと連絡を取ろうとしていました。
しかし、それを良く思っていないのがアーサー王です。

それを知らないデイビッド達はアーサー王にキノコを渡しますが、アーサー王は一人になったタイミングでそれを燃やしてしまいます。

これで振り出しと思いきや、結局燃やされたキノコを発見した一同はアーサー王が信頼に値しない人物であることに気が付きます。

ヘンリーに連絡を任せることになりましたが、現れたマーリンは事態の深刻さを話しました。

そして、ニムエなる人物だけが闇の王を任すことができると伝えました。

第6話の感想

ついにルンペルは勇敢さを手に入れ、エクスカリバーを抜くことに成功しました。
エマはこれを使って光を根絶してしまうのでしょうか。
その使い道が気になります。

そして、闇の王と戦うことができるニムエなる人物は一体何者なのでしょうか。

今後の話にどうかかわってくるのか期待したいと思います。

関連記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ