ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 あらすじ 第7話

更新日:2017/08/11

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 第7話では、初代闇の王の正体が明かされます。
一方、ついに完成したエクスカリバーを手に入れたエマですが、かつて映画館で忠告されたマーリンの言葉が記憶に蘇ります。

マーリンとニムエ

過去の話。
千年前のアーサー王時代……マーリンは砂漠に突如現れた聖杯の水を飲み干すと、砂漠に緑が広がりました。この時マーリンは自分に魔法の力があることを知ります。

その後、ヴォーティガンと呼ばれる覆面の男に村の者を殺され、復讐をしてほしいとマーリンに頼む女性が現れました。

彼女は自分の村でしか咲かない花を咲かせることが最大の復讐と話し、マーリンはいとも簡単にその花を咲かせます。

マーリンは彼女と恋に落ちるのですが、彼女こそがニムエでした。

しかし、マーリンは聖杯によって不老不死を得ているため、その恋には障害がありました。

それでもニムエは自分も聖杯を飲むことで共に生涯を全うすると話しますがマーリンは反対します。

結局マーリンは聖杯を剣とすることで自分の魔法と不老不死を捨てることを決意しました。

初代闇の王の誕生

聖杯を剣にして、自分の力を剣に移すマーリン。

すると、そこにヴォーティガンが現れ、ニムエは彼によって刺されてしまいます。

絶望するマーリンでしたが、ニムエは起き上がるとヴォーティガンの心臓を取り出してしまいます。

ニムエはこっそりと聖杯を飲み不老不死になっていたのです。

ニムエはヴォーティガンの心臓を握りつぶし、自分の復讐を遂げると、闇の王へと化してしまうのでした。

プロメテウスの火

数週間前のキャメロット。
マーリンは闇の王の短剣とアーサー王の剣を合成して、オリジナルのエクスカリバーを作ればエマを救えるかもしれないと皆に話します。

マーリンはそのことをエマに話すと、それに必要な「プロメテウスの火」を取り出すため、旅に出ることとなりました。

フックは旅立ちの別れ際、エマにコインの付いたネックレスを渡します。

場面は変わり、マーリンは初代闇の王を呼び出します。

エマはそれがニムエであることに気が付きます。

マーリンは今でも心の中ではニムエのことを想っているのですが、それに反して初代闇の王はマーリンを攻撃します。

挙句の果てにマーリンを殺すように命令する初代闇の王。しかし、エマはそれに打ち勝つと闇の王の心臓を取り出します。

完成したエクスカリバー

現在(ストーリーブルック)の話。
闇の王の短剣とエクスカリバーを一つにすることに成功したエマ。

しかし、心の中では、映画館で忠告されたマーリンの言葉が気にかかっています。

それでもエマは合成されたエクスカリバーを手に取るのでした。

第7話の感想

今話でニムエの正体が 初代闇の王 だった事が明かされましたね。
やはり、マーリンの愛する人物が初代闇の王だったようです。

愛する者の残酷な運命を体験しているからこそ、エマたちにも親身になってきたのですね。

そして、現代ではついに合成されたエクスカリバーを手にするエマ。マーリンの忠告を無視した彼女は、今後どのような運命をたどるのでしょうか。

関連記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ