ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 あらすじ 第9話

更新日:2017/08/13

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 第9話では、メリダの物語が語られます。
父ファーガス王に貸した鉄兜を返せという謎の魔女が登場。
鉄兜探しをする内、父ファーガスを殺した人物がそれを持っていると聞いたメリダが、久々の登場となるムーランと共に復讐の旅に出る事に。
メリダの旅の結末はどうなるのか!?

メリダと鉄兜の借り

ダンブロッホ王国にはメリダの姿がありました。
弟たちを無事に救い出すことに成功したメリダは亡き父の墓に報告を行っています。

メリダの父ファーガス王はとある小屋で魔女と出会い、鉄兜を貰っていました。

その見返りとして、いつか借りを返す契約をしていたのですが、その前にファーガス王は亡くなってしまいます。

それから2年後、メリダが女王になるための式典でファーガス王が出会った魔女が姿を現します。

魔女は鉄兜の借りを明日までに返さないと呪いをかけると脅すのでした。

しかし、メリダはそんな鉄兜のことなど知りません。

父ファーガス王を殺した人物がその鉄兜を持っているという情報を知ったメリダは、その人物を探すことになります。

ムーランとの再会

メリダは父を殺した人物を探すため、かつて指導を受けていたムーランに会いに行くくことにしました。
しかし、かつてのムーランとは異なり、ひどく荒れている様子。

一方で、アーサー王とゼリーナもダンブロッホ王国へ向かっています。
早速、魔女の小屋にたどり着くと、自分たちの探しているものをメリダが持っていることを知るのでした。

そんな中、アーサー王、ゼリーナとメリダ、ムーランは互いに遭遇することになります。

そこで、かつて父ファーガス王を殺した人物がアーサー王であることをメリダは知ることになったのです。

激しい戦いの中、メリダとムーランは何とかアーサー王とゼリーナに打ち勝つことができました。

女王メリダの誕生

自らアーサー王達と戦う姿を見た国民は、皆メリダに忠誠を誓います。

そして、女王戴冠式典が改めて行われることになったのですが、そんな中再び現れたのがあの魔女。
実はこの一連の出来事はメリダを試すためのものだったようです。

そして、最後に死んだ父と1度だけ会うことができる魔法によってメリダは父ファーガスと再会することができました。

父との再会を果たした女王メリダは、アーサー王に復讐することを誓います。

心が荒んでいたムーランは、犬と化したルビーと再会し、行動を共にすることになりました。
そして心の落ち着きを取り戻すことになるのです。

ルビーはストーリーブルックで自分と同じ種族がいないことに寂しさを感じ、魔法の森に戻っていたのです。

第9話の感想

8話からストーリーに大きな進展は見られなかったものの、今話ではメリダの姿に焦点が当てられていました。

メリダと父の再会するシーンはとても感動させられましたね。

また、ムーランも久々にその姿を現しました。

荒れている様子を見て少し心配になりましたが、ルビーと再会して落ち着きを取り戻したようで安心しました。

関連記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ