ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 あらすじ 第10話

更新日:2017/08/14

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 第10話では、驚きの事実が判明します。
なんと!フックが真の黒幕であるという衝撃的な事実が明かされたのです!!
皆がキャメロットの記憶を失っていたのは闇の力ではなく、エマが二人目の闇の王だったフックの記憶を消すためだったのです。

衝撃の事実とエマの苦難

現代(ストーリーブルック)の話。
自分が闇の王であるという事実に困惑するフック。

エマはその後、白雪姫たちに発見されることになります。

そこで、フックの結末を打ち明けることになり、レジーナ達はかなりショックを受けています。

エマは彼女たちに責められ、しまいには息子のヘンリーにまで見放される始末。

これにはエマもショックを隠せません。

さらに、再びフックを再会したときには、もう愛することができないと言われてしまいます。

それでもエマはヘンリーのところへ助けを求めました。

フックに消されてしまった記憶の中に重要な手がかりがあるのではと考えていたためです。

結局ヘンリーはエマを助けることに同意しました。

闇の王フック

過去(キャメロット)の話。
フックはエマの力によって闇の王へと生まれ変わります。

フックが闇の王と化した直後、目の前には(偽)ルンペルの姿がありました。
彼はルンペルへ復讐をしてみないかと提案します。

エマはフックが生き延びたことを心底喜んでいましたが、フック自身は自分が闇の王ととなったことに激怒していました。

しかし、その時はまだエマへの愛が残っていて、それによって(偽)ルンペルの誘惑に打ち勝つことができました。

しかし、(偽)ルンペルの「エクスカリバーはエマが隠し持っている」と言う言葉によって、フックはエマに対して不信感を抱くようになります。

エマはそれを払しょくするためにエクスカリバーをフックに渡すことにしました。

フックの邪悪な企み

マーリンがニムエに関する映像を残している最中、フック(闇の王)に見つかってしまいます。

闇の力に染まったフックはマーリンの心臓を取り出すと、闇の呪いをかけるために砕いてしまいます。

エマはフックに騙されていたことに気が付きましたが一足遅く、結局フックによって呪いをかけられてしまいます。

エマは最後の悪あがきとしてフックの記憶を消去し、ほかの者の記憶もすべてドリームキャッチャーに取り込みました。

第10話の感想

今回のエピソードでフックが真の黒幕であるという衝撃的な事実に直面しました。

皆がキャメロットの記憶を失っていたのは闇の力ではなく、エマがフックの記憶を消すためだったのですね。

エマが悪に染まっていなくて本当に良かったと感じました。

しかし、フックの闇の王としての記憶が戻った今、以前のような悪フックとなってしまうのでしょうか。

ここに来て大どんでん返しを見せる展開に少し困惑していますが、今後の展開が楽しみとなってきましたね。

関連記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ