ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 あらすじ 第13話

更新日:2017/08/17

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 第13話では、ケルベロスを退治したい白雪姫とヘラクレスの再会が描かれます。
しかし、彼には昔の勇敢さはどこにもなく、すっかり臆病になってしまっていました。
ヘラクレスに何が起こったのか、その理由をハデスから聞いた白雪姫ですが……

ケルベロスとの戦い

現代(冥界)の話。
フックはひどく苦しんだ様子です。
そんな中フックはとある女性メガラに出逢い、彼女にエマへ伝言を託します。

ケルベロスと必死に戦うフックは、彼女だけでも逃がそうとしています。
メガラは間一髪で逃げ切ると、エマたちにフックのことを伝えるのでした。

エマはフックが無事であることに一安心しています。

壊れた魔法のペン

その頃ヘンリーはクルエラに会っていました。
彼女は作家の力によって再び生を取り戻したいと願っていたのです。

しかし、ヘンリーは魔法のペンは既に壊れたと話します。

それでもクルエラは魔法のペンが元の世界から冥界に送られたことを伝えるのでした。

そして、自分の頼みを聞くことでエマを元に戻すことができるとも話します。

白雪姫は昔の記憶を思い出していました。
ヘラクレスがピンチを救い、自分を勇者にしてくれるヒーローだったあの頃のことです。

ヘラクレスとの再会

しかし、現在の白雪姫はヘラクレスの墓の前に立っています。

一体彼に何があったのか白雪姫は考えています。

きっとやり残したことがあるのだと感じた白雪姫はヘラクレスを探すことにしました。

また、ヘラクレスならケルベロスを退治してくれるに違いないとも思っていたのです。

そしてついに白雪姫はヘラクレスと何十年ぶりかの再会を果たすことになるのでした。

しかし、彼は昔の若々しい姿のままでした。

ところが、昔の勇敢さはどこにもなく、彼はすっかり臆病になってしまっていました。
白雪姫は何とかヘラクレスを鼓舞しようと、昔彼が言ってくれた言葉を話します。

そして、一緒にケルベロスと戦うことを決意してくれました。

ヘラクレスの過去

一同は遂にハデスと会うことになります。
そこでヘラクレスの過去を知ることになるのでした。

それはヘラクレスの死の原因にケルベロスとの戦いの末に敗れたという過去があったことです。

ハデスの言葉に一度は弱気となってしまったヘラクレスですが、激闘の末、何とかケルベロスを退治することができました。

そこでメガラはヘラクレスと知り合いで、昔同じような状況で救うことができなかったことを話します。

第13話の感想

今話は白雪姫とヘラクレスに焦点があてられた物語でした。

毎回違うキャラクターが主役になる点は、面白くてよいですね。

過去のキャラクターが何度も登場する点もシリーズを通して見ている人を楽しませてくれます。

彼らの活躍でケルベロスを倒すことはできましたが、一方でフックの安否が心配です。

また、ヘンリーはクルエラの提案に乗ってしまうのかも心配なところです。

関連記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ