ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 あらすじ 第14話

更新日:2017/08/18

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 第14話では、冥界で何とかフックを助け出すことができたエマたち一行。
ところが、今度は墓に3人の名前が刻まれているのに驚愕する事に!
墓に刻まれた3人とは、エマ、レジーナ、白雪姫の3人で、このままでは冥界に留まることになってしまいます。
どうやらハデスとフックの取引に原因があるようなのですが。

ルンペルの取引

過去(ルンペルの昔)の話。
ルンペルの幼い息子ベルファイアはヘビに噛まれて死の境を彷徨います。

息子を治すには治療薬が必要だと言われましたが、高額でとても買うことができません。

さらに、ルンペルの妻ミラは店の主人を殺してでも薬を手に入れろと言い放ちます。

ルンペルは言われるがままに店の主人を殺そうとしますが、臆病な性格で実行に移すことはできませんでした。

その代わりとしてルンペルはとある取引を行います。
それはルンペルと妻との間に2人目の子どもができた時、その子どもを引き渡すというものでした。

ルンペルはその取引に応じ、無事薬を手にすることができましたが、それを聞いた妻は激怒しています。

冥界のフック

現代(冥界)の話。
フックはハデスに冥界に残すべき仲間を1人選べと指示します。

しかし、フックはそれを選ぶことができません。
フックは拷問され、緑の川に落とされようとしています。

一方ルンペルは自分の探しているものを見せるよう水晶に命令します。
すると、そこにはベルの姿が映っていました。

ルンペルはそこからベルが妊娠していることを知ります。
ルンペルは急いでベルのもとへ向かうため、ミラを見つけ、フックを助けるように促します。

ミラは過去にフックと出会った過去があり、フックを助けることに同意するのでした。

ルンペルの裏切り

エマと一緒にフックを助けに行くことになったミラ。
緑の川に落ちそうになっていたフックを何とか助けることに成功します。

しかし、ルンペルとミラの前にはハデスの姿がありました。
彼はもとの世界に戻す代わりにハデスの言いなりになるよう提案します。

ミラはエマにそのことを伝えようとしましたが、ルンペルはその寸前でミラを緑の川に突き落としてしまいます。

ルンペルは必死で助ける演技を行い、エマとフックを騙したのでした。

ダニエルの墓

一方でレジーナは初恋の相手ダニエルの墓の前にいました。
彼は冥界には存在せず、天国へ旅立ったことを知り、安堵しています。

しかし、心の奥底では会いたいという気持ちがあり涙するレジーナ。
彼の墓に向かっていつまでの自分の心に居続けることを涙ながらに話します。

一同は白雪姫、レジーナ、エマの名前が墓に刻まれているのを発見し、驚きを隠せません。

どうやらフックが冥界に残す仲間を決めかねていたため、自分で残す人を選んでしまったようです。

第14話の感想

無事にフックを助け出すことができたエマたち一行。
しかし、問題は次々に起こるようで、今度は墓に3人の名前が刻まれてしまいました。

このままではエマ、レジーナ、白雪姫の3人は冥界に留まることになってしまいます。
この状況をどのようにして打開するのか注目していきたいです。

また、ルンペルが過去にとった契約は、ベルとルンペルの間の子どもに適用されてしまったようです。
ルンペルの子どもの運命がどうなるかも気になりますね。

関連記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ