ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 あらすじ 第17話

更新日:2017/08/21

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 第17話では、ベルとガストン、ルンペルに絡むエピソード中心にストーリーが展開されます。
物語が進む中、ルンペルがガストンを殺害したため彼が冥界へ行った事が判明しますが、ベルはハデスにある取引を持ち掛けるのでした。
果たしてその取引は成功するのか?

ベルとガストン

過去(ベル)の話。
ベルの父親は婚約者の候補としてガストン(※)を紹介します。
初めは抵抗のあったベルでしたが、次第にガストンに好意を抱くようになるのでした。

2人は森へ行くと、そこには小さな鬼がいました。
その弱々しい様子からベルは鬼を傷つけたくないとガストンに話します。

しかし、次の瞬間鬼はガストンを攻撃します。
ガストンは間一髪で助かりましたが、次は鬼を殺すと躍起になっていました。

ガストンの正体

ベルはそんなガストンの様子に疑念を抱いていました。
鬼がガストンを狙った理由は、その鬼の傷がガストンの拷問によって作られたものだったためです。

それを知ったベルは鬼を必死に庇い、鬼を逃がすのでした。

ガストンとの関係も終わりかと思われましたが、その後ガストンの助けがどうしても必要となり、結局 結婚を余儀なくされます。

※ ガストンは美女と野獣のキャラで、ワンスではシーズン1に登場。ベルが住む村一番の力自慢でうぬぼれ屋、ベルに好意を抱く男性です。

冥界のガストン

現在(冥界)の話。
ガストンは現在の冥界にいました。
ハデスはガストンに会うと、彼はベルのせいで冥界送りになったことを告白します。

ハデスはガストンを殺したルンペルが冥界にいることを話すと、ルンペルを殺すようガストンに指示します。

ベルと話をしているルンペルの前にガストンが現れます!
彼はルンペルを殺そうとしていましたが、ルンペルはベルを連れて瞬間移動で逃げ切るのでした。

衝撃の事実

しかし、ベルはその時はじめてルンペルがガストンを殺したという事実を知りますが、彼女はさらにルンペルに失望することになりました。

ベルはガストンを冥界から救いたいと話します。
それはガストンのためだけでなく、冥界から旅立たせることによってハデスの力を弱めることができるのでは と考えたためです。

ベルはハデスに取引をもちかけます。
それは、ルンペルとガストンの対決を認める代わりに、ルンペルが勝てばお腹の子の契約は無効とすることでした。

ルンペルはそれを聞くとガストンのもとへと向かいました。
ベルからガストンを傷つけないでと言われていたものの、さっそく彼を痛めつけ始めたのです。

無効になった契約

ベルはそんな様子を見て闇の王の短剣を使い、ガストンを守るのでした。
しかし、今度はガストンがルンペルを殺そうとします!

ベルはルンペルを守るため、ガストンを恐ろしい川に落としてしまうことになりました。

彼を落としてしまったことにショックを受けるベルでしたが、これでお腹の子どもは助かると安堵する気持ちもある2人。

しかし、ハデスはベルがガストンを突き落としたため、契約は無効だと言うのでした。

第17話の感想

自分の子どもをどうにかして助けたいと願うルンペルの気持ちは分かるような気がしますが、その気持ちがベルに届かず空回りしている点はとても もどかしく なります。

結局ハデスとの新たな契約も無効となり、お腹の子の危機はまだ拭いきれていません。

果たしてこのまま子どもはハデスのものとなってしまうのでしょうか!?

次話以降も非常に気になるところです。

関連記事

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ