オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~S1 あらすじ36話~40話

更新日:2017/10/10

photo by www.ch-ginga.jp/feature/ottoman/

オスマン帝国外伝のあらすじ 36話から40話までをまとめています。
Hulu動画で公開中の、オスマントルコ帝国 皇帝スレイマン1世と奴隷から皇帝妃にまで上り詰めたヒュッレム(アレクサンドラ)が繰り広げる華麗な宮廷絵巻。
36話から40話では、ヒュッレムが反乱に巻き込まれ危機に陥ることに!。

第36話:争いの火種

エジプトに派遣した帝国の軍政官アフメトがマムルーク朝と結び反乱を起こしたとの報告が帝都に届き、皇帝のスレイマン大宰相イブラヒムに反乱の鎮圧を命じます。

その頃、トプカピ宮殿の後宮ではイブラヒムに嫁いだ皇女ハティジェの部屋を誰が引き継ぐか駆け引きが繰り広げられていました。

母后は皇帝妃マヒデブランにその部屋を与えると約束していましたが、ヒュッレムが3人の子を育てるには今の部屋は手狭だと言葉巧みに皇帝に頼みこみ、まんまとその部屋を横取りすることに。

一方、イブラヒムがエジプトへの遠征準備をしていた頃、ハティジェが身籠ったという嬉しいニュースが飛び込んで来ます。

そうこうする内、思いがけなく再会したヒュッレムとレオは、イブラヒムの屋敷で言葉を交わしますが、それをハティジェの侍女サドゥカが陰から見つめていました。

第37話:逆反者(ハーイン)の末路

ヒュッレムとレオはイブラヒムの屋敷で密かに会ってお互いの心情を語り合いますが、ヒュッレムは昔の事は皆に黙っているよう念を押します。

そして、出来るだけ早くイスタンブールを去る事を促すのでした。

その頃、後宮女官長のニギャールは皇帝妃マヒデブランの呼び出しを受け、ヒュッレムの行動を監視し、不審な動きを逐一報告しなければ命はないと脅迫されていました。

マヒデブランはヒュッレムを激しく憎み、何とかして彼女の過失を見つけようと必死だったのです。

一方、軍政官アフメトが起こした反乱鎮圧のためエジプトへ向かっていたイブラヒムは、皇帝の密使から思いがけない書簡を受け取る事に。

トプカピ宮殿では、皇子のムスタファに狩りに行きたいとせがまれていたスレイマンは、北西部にあるエディルネ宮殿への出発の準備を整えます。
自分も一緒に行けると思っていたマヒデブラン“同行を断られた上、ヒュッレムが同行する事” を知り耐えがたい屈辱を味わっていました。

第38話:不吉な兆し

the-magnificent-ep38

photo by Hulu

スレイマンとヒュッレムはエディルネ宮殿で楽しい時間を過ごしていましたが、皇帝に賜ったエメラルドの指輪がない事に気が付きます。

また、スレイマンに貰ったインコのつがいが死んでしまい、これは何か不吉な出来事の兆しだと不安を隠せません。

こうして、ヒュッレムは、皇子2人と一足先に帝都イスタンブールへ帰る事に。

その頃、帝都では処遇に不満を抱く精鋭歩兵軍団が蜂起。
商人たちを襲い、皇族に対しても怒りをぶつける暴挙に出ていました。

宮殿に兵が押しかけ、母后を始め後宮の女たちは地下牢に避難する事に。

兵士達は大宰相イブラヒム邸も襲撃。
中には身重の皇女ハティジェや、避難してきたヒュッレムと皇子たちがいました。

第39話:反逆の代償

精鋭歩兵軍団の反乱に遭遇したヒュッレムと皇子たちはイブラヒムの屋敷に逃れます。

そこへ イブラヒムの親友で宮廷史家のマトラークチュ、イスタンブールを去ろうとしていたレオ(ヒュッレムのクリミア時代の恋人)が救出に現れます!

しかし、混乱の中でハティジェ皇女が流産してしまい、女たちを避難させようとしていたレオも重傷を負ってしまいます。

トプカプ宮殿の地下牢に避難した母后らが不安を募らせる中、反乱の急報を得たスレイマンは急ぎ帝都に戻り、武装解除を条件に反乱首謀者と取引をする事に。

反乱首謀者は歩兵軍団の長官と宮殿の書記官でしたが、皇帝に兵士たちの処遇改善と大宰相イブラヒムの更迭を要求。

対峙したスレイマンは長官と書記官を斬り捨てます!

第40話:痛みの記憶

エジプトの反乱を鎮圧し帝都に戻ったイブラヒムは妻のハティジェと久々の対面を果たしますが、そこで待ち望んでいた赤ん坊を失った事を知り嘆き悲しみます。

一方、レオの傷も回復していましたが、ヒュッレムの事を思うと心が張り裂けんばかりでした。

ある日の事、自分の肖像画を描いてもらうため庭園に向かうヒュッレムは、後宮女官長ニギャールを介してレオに手紙を渡します。

そこには、自分との恋は過去のもので、一刻も早くクリミアに帰るよう書かれていました。

その様子を皇女ハティジェの侍女サドゥカ(スレイマンの刺客)が見ていました。

36話から40話までの感想

マヒデブランの屈辱の日々はずっと続いています。
ヒュッレムに良いようにやられっぱなしですね。

本当に哀れですが、ある意味、自業自得かなとも思います。
最初に戦いを仕掛けたのはマヒデブランなのですから。

待ち望んでいた子供を反乱のどさくさで失ってしまったハティジェとイブラヒム……どんなにか悲しかったでしょう。

ハティジェの前では思いやり溢れる夫を演じていたイブラヒムが、誰もいない所で号泣していた場面が思い出されます。

ヒュッレム(アレクサンドラ)の元恋人レオの苦しみも胸に突き刺さりますね。

ヒュッレムを忘れるため都を去る決心をしたレオは、これからどうなるのでしょうか?

次の展開が気になります!

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

オスマン帝国外伝 シーズン1 あらすじ一覧

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ