公開!マイティ・ソー バトルロイヤル 題名の謎とあらすじ

更新日:2017/11/01

thor-ragnarok-poster-j

「マイティ・ソー」の実写版映画第3弾、「マイティ・ソー バトルロイヤル(邦題)」が2017年11月3日(金)から全世界同時公開となります。「マイティ・ソー」は、マーベル・コミック、アベンジャーズのヒーロー…

※ 前作は、「マイティ・ソー」、「マイティ・ソー: ダークワールド」

あえて(邦題)と書いたのは、映画の原題が「Thor: Ragnarok」(ソー: ラグナロク)だから……

なぜ、バトルロイヤルが日本でのタイトルになったのか?…アベンジャーズ・ファンの間で色々物議を呼んでいましたが、その理由らしきものを映画のあらすじから追ってみたいと思います。

photo by Mighty Thor: Battle Royale (2017) – IMDb

ラグナロクとは、バトルロイヤルとは?思い浮かぶイメージ

ラグナロクは北欧神話で「神々の運命」のことで「世界の終末」を意味する言葉。「神々の黄昏」と訳される事もあります。

マーベルのアベンジャーズ・シリーズには北欧神話の神々をモチーフにしたヒーロー(ソー、ロキ、オーディン等…惑星アスガルドの住人で超人的パワーの持ち主)が登場します。

※ 彼らは遠い昔アスガルドから実際に地球にやって来て北欧神話の神となったという設定

マイティ・ソーは「雷神」……巨大なハンマーを持った荒ぶる神ですね。

一方、バトルロイヤルは、プロレスなどの用語で複数の選手(又はチーム)が同時に戦い、最後に生き残った者を勝者にするというもの。

また、深作欣二監督、藤原竜也主演の映画「バトル・ロワイアル」を彷彿とさせるタイトルです。

二つのタイトルを比べてみると「ラグナロク」はいかにも神話の世界をイメージさせ、FF(ファイナルファンタジー)、ラグナロクオンラインなどスマホゲームの愛好者にはなじみの深い言葉。

対して「バトル・ロイヤル」は「神話」とはかけ離れたイメージで、アベンジャーズファンの間では映画公開のずっと前から物議をかもしていました。

ツイッターでの反応等も好き、嫌いと反応が入り乱れています。

マイティ・ソー バトルロイヤルのあらすじ

thor-ragnarok

photo by imdb.com

そこで、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のあらすじを少し見てみましょう。

人工知能ウルトロンとアベンジャーズとの戦いから2年、アスガルドを追放された父オーディンを捜しにニューヨークへやってきたソーだったが、突如として現れた強大な敵ヘラによって宇宙の果ての惑星に飛ばされてしまう。その星で行われていた格闘大会に出場させられたソーは、対戦相手として盟友ハルクと再会。危機を乗り切った2人はヘラを倒すためアスガルドへ向かい、わけありの女戦士ヴァルキリー、そして宿敵であるロキも仲間に加え、チームを組んでヘラに挑むが……。

引用:マイティ・ソー バトルロイヤル : 作品情報 – 映画.com

ソーは平凡な生活を送っていたが、ドクター・ストレンジから故郷アスガルドに迫ったかつてない危機を知る事に。大急ぎでアスガルドに戻ったソーを待ち構えていたのは、アスガルド滅亡を企む「死の女神ヘラ」。ヘラはソー自慢のムジョルニア(神のハンマー)を握り潰し、ソーを辺境の惑星サカールへ吹き飛ばす。囚人となったソーはサカールの統治者グランドマスターが主催する格闘大会に出場させられるが、対戦相手はかつての仲間・超人ハルクだった!(参考:Wikipedia)

主な登場人物・キャスト

主要人物とキャストを簡単に…

雷神ソー: クリス・ヘムズワース

アスガルドの王子、オーディンの息子。

ロキ: トム・ヒドルストン

ソーの義弟で宿敵。北欧神話の神の一人。

オーディンを地球に追放しアスガルドを支配する。

ヘラ: ケイト・ブランシェット

ソーの姉で死者の国を支配する女神。世界を滅ぼすほどの破壊力を持つ。オーディンを恨み、アスガルド滅亡を企む。

グランドマスター: ジェフ・ゴールドブラム

惑星サカールの統治者。

ヴァルキリー: テッサ・トンプソン

大酒飲みの女戦士で賞金稼ぎ。北欧神話では戦争の勝敗を司る半神半人で一人ではなく複数いるが、映画では一人のみ。

日本ではワルキューレで知られる。(ドイツの音楽家ワーグナーの歌劇に登場)

超人ハルク: マーク・ラファロ

科学者ブルース・バナー。大量のガンマ線を浴びた事で超人に変身する。

オーディン: アンソニー・ホプキンス

アスガルドの王でソーの父、ロキの養父。北欧神話の全知全能の神。

ドクター・ストレンジ: ベネディクト・カンバーバッチ

スーパーヒーローの一人。交通事故で「神の手」を失い魔術師となった元天才外科医。

日本語タイトル「マイティ・ソー バトルロイヤル」の由来

thor-ragnarok2

photo by imdb.com

あらすじを読むと、だいぶ謎が解けて来ます……

要するに、雷神ソーは生き残りをかけた格闘大会に参加するわけですね。

これが日本語タイトルの「バトルロイヤル」の由来となったと考えると、理解できます。

さらに

危機を乗り切ったソーは、ハルクと一緒にアスガルドへ戻り、仇敵ロキ、ヴァルキリーや他の仲間と共にヘラに戦いを挑むことになりますが、この部分が、北欧神話で語られる「世界の終末」から「神々の復活」を意味し、原題の「ラグナロク」に繋がります。

しかし、なんでこんな面倒なことをするのでしょうか?

バトルロイヤルではちょっと俗っぽいし、アスガルドの神々のイメージからかけ離れてしまうのでは?

私が考えるに「マイティ・ソー ラグナロク 世界復活への戦い」の方が映画のイメージをそのまま語っていると思うのですが。(ちょっと長いし、素人なのであまり良いタイトルではないですが…笑)

この事については、色々な憶測が飛び交っています。

飛び交う憶測、「ラグナロク」でなく「バトルロイヤル」に決定した理由

この点についてはアベンジャーズ・ファンの間で様々な憶測が囁かれています。

たくさんあるのですが、以下の3つに絞って考えてみましょう。

憶測1:ラグナロクは商標登録の関係で使えない?

ラグナロクは北欧神話に出てくる普通名称(多くの人が日常的に使っている固有名詞)なので、単独では商標登録できません。しかし、何かの単語やキャッチフレーズと組み合わせたら登録は可能です。

だから、先述のラグナロクオンラインは登録可能だったと推測します。

それに、映画の配給元のディズニーは抜け目なく全世界で商標登録しているはずです。

ですから、商標登録が理由で「ラグナロク」を使わなかったというのは適切ではないでしょう。

憶測2:日本人になじみがない「ラグナロク」を避けた?

北欧神話のラグナロクを知っている人は確かに多くはないかもしれません。

でも、アベンジャーズ・ファンやゲームの愛好者は意味を知っています。

FFもラグナロクオンラインもかなりヒットしたので馴染みがないとは言えないでしょう。

新しい客層(観客層)を獲得するため「バトルロイヤル」を使った?

アベンジャーズ・ファン以外のファンを獲得するため受けを狙って「バトルロイヤル」としたという意見もあります。

これが一番理解しやすい理由に思えますね。

ちょっと商業主義が強すぎて、その臭いが鼻に突く感じですが…

こう思うのは私だけではないでしょうか?

ともあれ、試写会を見た人たちの反応は上々です。

Huluでマイティ・ソー関連動画を一挙公開

ちなみに動画配信サイトのHuluでは、「マイティ・ソー バトルロイヤル」の公開に先立ち、アベンジャーズ、マイティ・ソーの関連作品を11月1日から配信予定です。

thor-dark-world

Hulu

公開する動画は以下の通り。

『ドクター・ストレンジ』

配信期間:11月1日(水)~12月15日(金)(SVOD初配信)

URL: https://www.happyon.jp/doctor-strange

『マイティ・ソー』  

配信期間:11月1日(水)~11月30日(木)

URL: https://www.happyon.jp/thor

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』  

配信期間:11月1日(水)~11月30日(木)

URL: https://www.happyon.jp/thor-the-dark-world

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』  

配信期間:11月1日(水)~11月30日(木)

URL: https://www.happyon.jp/avengers-age-of-ultron

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』  

配信期間:11月1日(水)~11月30日(木)

URL: https://www.happyon.jp/captain-america-the-first-avenger

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』  

配信期間:11月1日(水)~11月30日(木)

URL: https://www.happyon.jp/captain-america-the-winter-soldier

引用元:Hulu News&Information

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

Huluは二週間の無料お試し期間がありますので、映画を見る前の復習として一気見してみるのも良いかも!
もちろん中途解約もできますよ……

Related Post

楽天市場総合ランキング
1位
14688円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
7344円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4082円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

サブコンテンツ

このページの先頭へ