仮面の王 イ・ソンのあらすじ全話(原題:君主 仮面の主人)

-スポンサーリンク-

「仮面の王 イ・ソン」(原題:「君主~仮面の主人~」)は、闇の組織「辺首会」(ピョンスフェ)に敢然と立ち向かい人々を救うために立ち上がった朝鮮の世子イ・ソンの闘争と愛の物語を描いた歴史ドラマです。
世子イ・ソン役にはユ・スンホ、ヒロインのハン・カウン役にはキム・ソヒョンが扮します。

当時の朝鮮は、かつては建築技術者の秘密結社だった辺首会が陰の組織として君臨し、陰の組織として君臨し、全国の水資源を独占し富と権力を欲しいままにしていました。

そして辺首会の力は王宮にまで及び、誕生した王子の命と引き換えに揚水庁の全権を奪われる事態にまで陥っていたのです。

そして、王は辺首会の魔の手から守るため王子に仮面を被せ育てるのでした。