This Is Us 36歳 S1 第18話 胸が詰まる悲しいシーン

-スポンサーリンク-

This Is Usシーズン1 第18話 胸が詰まる悲しいシーン

s1e18-moonshadow

photo by IMDb

This Is Us シーズン1 第18話 “Moonshadow” では、娘のケイトに勧められ、ジャックがツアー中のレベッカに会いに行きます。
酔っぱらいながらレベッカが出演していたバーへへ辿り着いたジャックは、バンドリーダーのベンからきわどい言葉を聞かされ怒り心頭!ベンを激しく打ちのめしてしまうのでした。

-スポンサーリンク -

ケンカを止めさせ、酔っぱらったジャックを家まで連れて帰ったレベッカは彼と再び大喧嘩。
次の朝、取り返しのつかない事をしたと気づきますが、二人は結局 冷却期間を置くことに。

この時の、ジャックとレベッカの会話です。

ジャックとレベッカの恋の始まり

ジャックの夢は、ベトナム戦争の時に身に着けた自動車整備の技術を使って修理工場を開く事。一方、レベッカの夢は歌手になる事でした。

修理工場の資金を稼ぐためポーカーに手を出したジャックは大金を失い、金を奪い返すためバーへ強盗に入ろうとしていました。

そこでジャックが見つけたのが、つまらない男とのデートから逃げ出して美しい声で歌うレベッカだったのです。

ジャックはレベッカに一目ぼれ。その時レベッカが歌っていた歌が “Moonshadow” だったのです。

この時、ジャックが着ていたのがデイトナビーチのTシャツ、第4話 Poolで傷ついたケイトに着せてあげた「魔法のTシャツ」だったんですね。

何でも夢が叶うというのはレベッカとの出会いの事だったのです。

関連記事

大喧嘩の後、ジャックの本音

レベッカはジャックのアルコール依存症を非難し、自分はやりたいこともできない幽霊みたいだと嘆きます。
ジャックはレベッカにとっては歌が全てで自分も子供達も必要ないと非難するのでした。
二人はお互いに自分がどれだけ犠牲を払ってきたかを叫び合います。
大喧嘩の次の朝、レベッカに聞かれた質問にジャックが答えます。

ジャック “You've asked me a question before, you wonder what I love about you now, So I'm gonna start with the obvious. I love the mother that you are. I love that you are still the most beautiful woman in any room and that you laugh with your entire face. I love that you dance funny, not sexy, which makes it even sexier, but most of all, I love that you are still the same woman who all those years ago ran out of a blind date because she simply had to sing. You're not just my great love story, Rebecca, you are my big break. And our love story? I know it may not feel like it right now, baby, but I promise you, it's just getting started.”

君が前に質問した「僕が君の事を今も愛しているだろうか」について僕が考えている確かなことから始めるよ。
僕は母親である君を愛している。僕は君がこの世界で最も美しい女性で、思い切り笑う顔が大好きだ。おどけて踊る君はセクシーじゃないけど、それがもっとセクシーに感じられるのが大好きだ。
とりわけ、何年も前に自分が歌いたくてブラインドデートから逃げ出して歌うしかなかった同じ女性だった事が好きだった。
でも今の君は僕の偉大なラブストーリーじゃないし、レベッカ、君は僕をとても傷つけているよ。
そして僕たちのラブストーリー? 今はそう呼べないと感じるよ。でも、約束するよベイビー、それは始まったばかりだと。

※ ブラインドデートは共通の友人の紹介で出会った事のない男女がデートすること。お見合いデートみたいなものです。

結局、ジャックはミゲルの家に暫く転がり込む事にし、レベッカは子供たちと暮らすことになりますが、子供たちが淋しがることを心配するレベッカに…

ジャック “The kids are gonna be fine. We've shown them a healthy marriage. This is just gonna be a blip on their radar years from now. We're their parents, Bec, but at the end of the day, what happens to them, how they turn out, it's bigger than us.”

子供たちは大丈夫さ。
僕たちは幸せな結婚を見せてきたし、これが彼らが生きていく上での道しるべになるはずだから。(何があっても)僕たちは彼らの両親だよ、レベッカ。
でも今日の終わりに彼らに何が起こるんだろうか、どう思うんだろうか、それが僕たちの事よりもっと大きな問題だよ。

※ blipと言うのはレーダー上に現れる船の位置や飛行機の位置を示す輝点の事です。訳文は意訳で、「rader years=人生を生きる、blip=目標物の位置を見極める=道標」としました。

原文引用元 tvfanatic.com

-スポンサーリンク -

レベッカとジャックの別離?

ジャックが家を出て、二人はついに暫く別居することを選びます。この後に訪れるジャックの死の前に二人が再び打ち解ける機会は訪れるのでしょうか?

レベッカに自分を愛し子供たちの母親として生きて欲しいジャック、夫のアル中を持て余す一方、自分を縛り付けようとするジャックに不満を感じるレベッカ…なんとも「悲しいすれ違い」に胸が詰まります。

あらすじ全文: This Is Us 36歳 これから シーズン1 第18話のあらすじ

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

関連ページ

S1 第17話 涙の名シーン
his Is Us シーズン1 第17話 では、天国へ旅立ったウィリアムの葬儀が行われています。ウィリアムの遺言で明るく楽しい葬儀になりますが、それでもランダルは悲しい気持ちです。レベッカは息子を優しく慰め、ついにランダルと仲直りをすることに。
S1 第16話 泣かせる名言
This Is Us シーズン1 第16話 では、ランダルの実父ウィリアムがついに天国へ旅立ちます。ウィリアムの故郷メンフィスへ旅に出かけた二人は、初めて親密な親子の会話をする機会を得ました。それはウィリアムの過去への旅でもあったのですが、その後…
S1 第15話のハラハラ シーン
This Is Us シーズン1 第15話 では、バレンタインデーの夜、レベッカが歌うバンドでリーダーのベンとレベッカの親し気な様子にジャックが焼きもち。帰宅後、二人は大喧嘩。ジャックが家を出て行く事に!ジャックとレベッカがどうなるのかハラハラするシーンです。
S1 第14話の心温まる名言
This Is Us シーズン1 第14話 では、親友のミゲルとシェリー夫婦が離婚するという話を聞いたレベッカとジャックの心がざわつきます。離婚に対する考え方のすれ違いを感じたジャックはレベッカに、心温まる「あるサプライズ」を用意するのですが…
S1 第13話の泣かせる名言
This Is Us シーズン1 第13話 では、10歳の誕生日を迎えたピアソン家の3人の子供たちの誕生日パーティが開かれています。ところがランダルを訪ねたのは同じクラスからたったの3人。息子を励まそうとするジャックとレベッカにランダルが健気な名言を吐きます。
S1 第12話 泣かせる名言
This Is Us シーズン1 第12話 では、妊娠後期を迎えたレベッカのイライラが爆発。ジャックの誕生日を忘れてしまった挙句、彼を追出してしまう事に。反省したレベッカがお腹の三つ子に話しかけていた頃、ジャックがこっそりその様子を見ているシーンでのこと。
S1 第11話の泣かせるシーン
This Is Us シーズン1 第11話 では、レベッカの三つ子妊娠のショッキングなニュースがジャックとレベッカ夫婦をパニックに陥れ、育児に関わる家計の危機に直面します。二人は悩みぬきますが、覚悟を決めたジャックがある行動にでるのですが……
S1 第10話の泣かせるシーン
This Is Us シーズン1 第10話 では、クリスマスイブの奇跡が描かれます。イブだと言うのに突然ケイトが盲腸で入院。病院で懐かしいDr. Kと再会しますが、彼は患者として手術を受ける身でした。手術を拒む彼を勇気づけるピアソン一家の心温まるストーリー。
S1 第9話の泣かせるセリフ
This Is Us シーズン1 第9話 では、母のレベッカが家族の想いでのいっぱい詰まったキャビンを売りに出そうとしている事を知ったピアソン3兄弟が、3人で懐かしい場所を訪れる事に。その時、ランダルが過去のジャックと再会した時のジャックのセリフが泣かせます。
S1 第8話の泣かせるセリフ
This Is Us シーズン1 第8話 でピアソン一家が祖母の家へ感謝祭のお祝いに行く途中、ジャックたちが乗った車がパンクして、とあるロッジに泊まらざるを得なくなった時、家族水入らずで質素な感謝祭を過ごすことになったジャックが語った泣かせるセリフです。
S1 第7話の泣かせるセリフ
This Is Us シーズン1 第7話 でケヴィンとランダルが交わした泣けるセリフです。昔から仲の悪かった二人が生まれて初めて本音を出し合い兄弟の絆を強めるきっかけとなるセリフ。この時、ケヴィンはランダルの事を“俺の弟”と初めて呼ぶことに。
S1 第6話の泣かせるセリフ
This Is Us シーズン1 第6話 でジャックがランダルに語った泣けるセリフです。ランダルの成績が抜群なので私立学校に通わせたらどうかと勧められたジャックが、ケイトとケヴィンと別れる事を躊躇するランダルを勇気づける為に心温まる言葉をかけた時の出来事。
S1 第5話の奇妙なセリフ
This Is Us シーズン1 第5話 でケイトが語った奇妙なセリフです。ケイトの家へやって来たトビーに父ジャックや家族たちと一緒に家で見たアメフトの思い出を語るケイトですが、なんだか意味深。そして、トビーは「奇妙なもの」を見る事に。
S1 第4話の泣かせるセリフ
This Is Us シーズン1 第4話、ピアソン一家が家族総出で市民プールへ出かけた時の出来事です。ケイトが友達から酷い事をいわれ落ち込んでいた時にジャックが言った言葉、娘を思いやる気持ちが溢れる名セリフ、泣かせるセリフです。
S1 第3話の泣かせるセリフ
This Is Us シーズン1 第3話でもいくつかのストーリーが展開されますが、今回はランダルの話が中心です。3人の赤ん坊の子育てに振り回されっぱなしのジャックとレベッカの出産に立ち会ったDr. Kが、ジャックに泣かせる慰めの名セリフを語ります。
S1 第2話の泣かせるセリフ
This Is Usシーズン1 第2話 "Big Three" で、ジャックとレベッカの仲直りの言葉として出てくる "Parenting Scale" の話が、ウィットに富んでいて面白いです。ペアレンティング・スケールを日本語に訳すと「子育て貢献度」とでもいうのでしょうか。